施工の流れ

塗装工事ってどんな流れでやるの?

大切なお家を工事するのですから「工事の流れ」や「どんな工事をするのか」が気になるのかは当然です。
できるだけ分かりやすく詳細に書きましたので、参考にして頂ければ幸いです。
不明点はいつでもお気軽にお問合せください。

 

1.施工前あいさつ

施工の流れ

工事中は、ご近所にご不便・ご迷惑をおかけするので、必ず、工事が始まる前にご挨拶に伺います。
当社では工事が入る前に、ご近隣に挨拶を致します。
ご近所への気配りを入念にしても、しすぎることはありません。
又、カーポートのアクリル板やベランダの波板によって、足場の柱を建てられない場合は、工事前に取り外します。

次へ

2.足場着工

施工の流れ

塗り替えを行うためには効率性、安全性を上げる為に作業用の足場が必要です。
屋根でも傾斜が大きい時は、その時に応じて足場を掛けて工事をします。

次へ

3.高圧洗浄

施工の流れ

家の塗装工事における高圧洗浄は、外壁や屋根の塗装面にこびりついたカビやコケ、藻、汚れ、ほこりを高圧の水流によって洗い落として、塗料の接着をよくするために行います。
網戸やアルミサッシまで、家一軒まるごと洗浄します。
※高圧洗浄でとりきれない汚れもあります。

次へ

4.素地調整

施工の流れ

洗浄で落ちないし、著しい汚れやサビなどがある場合、主に手作業で行います。
汚れやほこりなどを清掃し、次にサンドペーパーやナイロンタワシのようなもので研磨をして、素材表面に微細なキズをつけて荒くし、塗料の密着性を高めてあげます。
見た目では、やったかどうかもわからない作業ですが、やるかやらないかでは耐久性に大きく差が出ることになります。

次へ

5.板金補修

①屋根の板金くぎ打ち

施工の流れ

屋根の棟板金の釘が出ている場合は、塗装前に釘をきちんと打ちます。
この作業をしないで、釘が出たまま塗装をする会社が多いので要注意です。
(この釘打ち工事は、塗装会社ではなく、板金会社の仕事の為)

②屋根の釘を打った後に、コーキング材で埋める

施工の流れ

屋根の釘を打ったあとはコーキング材を入れ、中の貫板に水が入るのを防ぎます。

次へ

6.下地調整(コーキング外壁)※サイディングボードの場合

①古いコーキングを撤去します

施工の流れ

家の外壁サイディングの特徴といえば、ボードとボードの境目にある継ぎ目です。
これを「目地」といいますが、この場所と窓などのサッシまわりには、シールというゴム状のものが埋め込まれています。
このシールの工事をシーリング・コーティングともいいます。
新築時、サイディングボードを張り終わった工事のあと、はじめはマヨネーズ状になっているシールを目地などに注入していき、時間がたつとゴム状に固まっていきます。

②新しいコーキングを埋め込みます。

施工の流れ

新築の時は上から塗装せずにシールそのものがむき出し状態のため、紫外線が直接あたる格好となって劣化していきます。
そのため、のちの雨水の侵入を防ぐためにも、塗装前にシールの打ち直しの交換工事が必要になってきます。
専門用語では「打ち替え」ともいいます。
ボードメーカーの説明書では「3~5年が適正時期」と記載されています。(新築時はむき出しの為)

③サッシ(窓)まわりのコーティング増し打ち

施工の流れ

サッシまわりの場合は、少なからずサイディングボードからサッシの窓わくが突出しています。
外壁サイディングとサッシは、直角のように角度があるため、カッターを入れての撤去が困難な場合があります。
無理に撤去して、カッター等でサッシを傷つける可能性があるときは、増し打ちでもシールの肉厚が保つことができます。

次へ

7.養生

施工の流れ

塗装をしたときは、少なからず家の廻りに塗料が飛び散ります。
家の塗り替えの場合、ローラーで塗装することがほとんです。
家の塗り替えには、塗装がついてしまうと不都合な場所がたくさんあります。
アルミサッシ・窓・地面の床・植木や植物などです。
その為にビニールやテープ、布などで覆って、塗料の飛び散りを防ぐ事を「養生」といいます。
玄関前のタイル部分は、少し厚めのシート(トントンシート)で養生します。

次へ

8.外壁(下塗り)

施工の流れ

下塗りの主な役目は、その上から塗る塗料が剥がれないように接着させることや、下塗りにより小さいひび割れを埋める為です。
外壁・鉄部・木部など、家の塗り替えには、さまざまな素材が使われています。
素材が変われば下塗りも替える必要があります。
いずれの下塗りも、仕上げの色とは違う色を塗ることになるので、下塗りが塗れていることが確認できます。

次へ

9.外壁(中塗り)

施工の流れ

塗料カタログには必ず乾燥期間(塗装間隔)が記載されています。
基準通りの塗装間隔を守らないと、塗膜が形成されません。
また、へこみの部分はハケで先に塗り、最後にローラーで仕上げます。

次へ

10.外壁(上塗り)

施工の流れ

外壁は3回塗りの3層仕上げを行います。
木部や鉄部の場合は、痛み方によって塗り回数が違ってきます。

次へ

11.屋根(下塗り)

施工の流れ

スレート瓦にはシーラーを塗り、鉄部の部分には錆止め塗料を使います。
異なる素材にはそれぞれ適した材料を塗ります。

次へ

12.屋根(タスペーサー)

施工の流れ

このタスペーサー作業は、いわゆる「縁切り」の作業になります。
塗装をすると屋根の重ね部が塗料で詰まってしまいます。
縁切りとは、スレートとスレートの重ね部に塗装したことによりできた塗膜をカッターナイフ等で取り除き、隙間を作ることです。
この隙間を作らないと、毛細管現象で屋根材裏面より雨水や結露した水が吸い上げられ、雨漏りの原因になります。
当社ではより確実な「縁切り」を行うため、タスペーサーという縁切り部材の使用を標準仕様にしております。

施工の流れ

このタスペーサーを入れずに塗装してしまうと、屋根と塗料が接着し雨水の出口をふさいでしまい、雨漏りの原因になることがあります。
雨水、結露の水分の逃げ道を作るために、このタスペーサーを挿入します。
(タスペーサーを入れない場合は上塗り後、縁切りが必要となります)

次へ

13.屋根(中塗り)

施工の流れ

屋根の場合も外壁と同じで、中塗り、上塗りは同じ材料を二回塗ります。
中塗りを塗って、十分乾燥時間を取ります。

次へ

14.屋根(上塗り)

施工の流れ

熟練職人の技でじっくり丁寧に仕上げます。
下塗りと中塗りは塗膜の強さを重視し、上塗りでは仕上がりを重視します。

次へ

15.確認チェック作業

施工の流れ

家全体をビニールなどで細かく養生しても、塗料の飛び散りやはみ出しなどは必ず出てくるものです。
その場合は、シンナー等で掃除をしていきます。
また、念入りに作業をしているつもりでも、光や影、立ち位置によって最終チェックで塗り残しを発見することも少なくありません。
足場を解体してからでは遅いので、現場責任の職人が念入りに最終チェックを行います。

次へ

16.足場解体・清掃

施工の流れ

完了までの間、洗濯にも不自由をかけ、足場で窮屈感を感じさせてしまいますが、足場が解体されると最高の仕上がりによって、お家の表情が変わります。
その後、お庭などの拭き掃除をして工事は完了となります。
お客様には、最後に工事完了確認書にサインをしていただき、最終のお引渡しとなります。
また、工事中はご不便をおかけした旨を近隣の方にきちんとご挨拶をします。

トップページ料金表ヒマ割施工の流れ施工事例会社案内

関東ホーム
〒260-0842 千葉市中央区南町2-10-1 若菜ビル4F
TEL:043-266-9630

Copyright © 2020 298-598,all Rights Reserved.

Top